Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詳しくはコチラ

菊地凛子 アルゼンチン人と熱愛、同棲。

映画「バベル」で米アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた女優の菊地凛子に外国人男性との熱愛が発覚した。16日発売の写真誌「フライデー」が、日本で活動するアルゼンチン国籍のタレント、アレッタ・フェデリーコとの“同棲生活”をキャッチした。菊地の所属事務所では「お付き合いしているのは事実です」と交際を認めている。2人は昨年7月公開の映画「笑う大天使(ミカエル)」で共演。菊地は伊勢谷友介の婚約者役、フェデリーコは「シスターマレーナの手下その2」だった。交際は撮影が終わってから始まったという。フェデリーコは身長180センチ。スリムなイケメンで、スペイン語、英語、イタリア語を話し、日本語も片言レベル以上の「まじめな好青年」だが、最近ではひげを生やしてワイルドな雰囲気も漂わせているという。「バベル」で菊地の評価が世界的になってからも、映画の試写会に連れだって登場。周囲に隠すことなく仲のいいところを見せていたようだ。菊地はハリウッド次回作「ブラザーズ・ブルーム(原題)」のため、16日に渡欧。2か月を超す長期ロケに出る。所属事務所では「結婚など先のことは分かりません」としているが、恋人の存在が菊地の支えになっていることは間違いなさそうだ。
スポンサーサイト


詳しくはコチラ

Appendix

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。