Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詳しくはコチラ

窪塚洋介 あの“ダイブ”語った

映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」を成功させる会が2日、東京の新高輪プリンスホテルで行われ、主演の徳重聡、共演の窪塚洋介、製作総指揮・脚本を務めた石原慎太郎東京都知事らが出席した。第二次世界大戦下に特攻隊として命を散らせた若者たちの姿を描く映画。特攻隊の1人を演じた徳重は「実際に特攻隊だった方の指導を受けた経験を(今後も作品作りで)伝えていくのが使命」と真摯な表情。一方、窪塚は自宅マンションからの転落事故を振り返り「あの日(転落した平成16年6月6日)死んでいたらと思うと、そこから先は神様がくれたギフト。もっと遡ると生まれたことがどれだけすごいことかと、この2、3年思います」と命の大切さを主張。「好きなことをやって生きるのが戦争で亡くなった人たちへのいちばんの感謝」と熱弁した。
スポンサーサイト


詳しくはコチラ

Appendix

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。