Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詳しくはコチラ

“殺人鬼”レクターの原点は日本!?

2月28日、『ハンニバル ライジング』のプロモーションのため、主演のギャスパー・ウリエルとピーター・ウェーバー監督、が来日記者会見を行った。1991年のアカデミー賞で主要5部門を受賞した「羊たちの沈黙」から16年の時を経て、ハンニバル・レクター博士がいかにして“人食い殺人鬼”と化したのかが明らかになる本作。若きレクターに抜擢されたのは、「ロング・エンゲージメント」のフランス人俳優、ギャスパー・ウリエル。端正なマスクで人気の注目株の若手俳優だ。何かと前作の名優アンソニー・ホプキンスと比べられてしまうのは仕方がないが、ギャスパーは「アンソニーが演じたレクターの動きやしぐさは取り入れたが、マネをしても意味がない。僕は自分のイメージしたレクターを演じた。前作とは違うんだ」と力説。「この撮影のために、アンソニーとは会っていないし、レクターについて語り合ってもいないよ。彼からレクターはこういう人間だと言われても、それは役作りのためにはならないと思う」と、キッパリと言い放った。本作では、“日本”も重要なキーワードとなっており、続編は日本とレクター接点について描かれる……と監督は明かした。ただし「続編が製作されるかどうかは、『ハンニバル ライジング』にかかっているので、皆さん観て下さい」と、監督とギャスパーは口をそろえてアピールしていた。
スポンサーサイト


詳しくはコチラ

Appendix

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。