Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詳しくはコチラ

「金色のコルダ」 声優5人組「ステラ・クインテット」…CDデビュー

「金色のコルダ primo passo」(日曜・深夜1時)の人気男性声優5人が「Stella Quintet(ステラ・クインテット)」のユニット名でCDデビューした。11月29日に発売された同アニメのエンディング曲「CRESCENDO(クレッシェンド)」は、3日間で売り上げ2万5000枚のロケットスタート。空前の男性声優ブームを引っ張るドリームチームが、1000億円市場と言われる“女性オタク”をとりこにする。「星の5人組」を意味する「ステラ・クインテット」は、谷山紀章、伊藤健太郎、福山潤、森田成一、岸尾大輔のユニット。いずれもトップクラスの人気若手声優だ。「金色のコルダ」は、もともとゲーム制作会社コーエーの女性向け恋愛ゲームソフト。03年にシリーズ第1弾が発売され、11万本のヒット。来年3月に続編リリースも決まっている。5人はゲームのキャラクター声優を務め、テレビアニメでも続投。エンディング曲をきっかけにドリームチームが結成された。現在、90年代後半から続く第3次声優ブームと言われ「機動戦士ガンダムSEED」や「テニスの王子様」などに登場する男性キャラクターが多くの女性ファンを獲得。声優本人にまで人気が拡大しており、コーエー主催の声優出演イベントは1年に平均4回行われ、チケットは即日完売。ブームの渦中にある谷山は「声優のあり方、求められ方が変わって来ている。個人に人気が出るのは戸惑いもありますが」という。一方で、森田は「ファンレターを読んで感じるのは、演じるキャラとのギャップを見たいというファンの願望。声優自身の魅力にひかれている女性は多い」と分析する。福山は「作品自体の評価が上がる方がうれしいけど、コアなファン以外にもアニメの魅力を伝えたい」とジャンルを超えた活躍を誓った。
スポンサーサイト


詳しくはコチラ

Appendix

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。