Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詳しくはコチラ

松浦亜弥が濡れている─最新PVとニューアルバム。

このPVには、濡れた松浦亜弥が映っている──。
藤本美貴とのユニットGAMでは、藤本とともにカゲキな姿を披露した松浦亜弥の最新PVがBARKSで公開されている。この映像は、11月29日発売のニュー・アルバム『Naked Songs』のスペシャル版に付属しているDVDからの、「ハピネス」だ。「Yeah! めっちゃホリディ」や「桃色片想い」のような、元気パワー全開の楽曲イメージがある彼女だが、この映像には、それとは正反対の、憂いにも似た空気感をまとった女性が映っている。そして──どこか濡れている。アイドルに分類される彼女だが、歌はかなり上手い。それは、ピッチや声量、ブレスといったテクニックの面だけでなく、彼女の“表現力”によるものだろう。たとえば、今回のPVの最初の10秒に注目してほしい。そこには、グッと歌の世界に入り込み、松浦亜弥が松浦亜弥でなくなる瞬間が映し出されている。それはまるで、コップに注いだ水の中に絵の具を垂らすと、その色がコップ全体に広がっていくようだ…。思うに松浦亜弥は、歌の世界において自分自身をどんな色にも染め上げることができる“女優”なのだ。こう考えると、彼女に見える濡れた雰囲気というのは“どんな絵の具を垂らしてもその色に染まることができるコップの水”。その秀でたビジュアル面が注目されがちな彼女だが、ニュー・アルバム『Naked Songs』では、ヴォーカリストとしての質の高さに注目してほしい。松浦亜弥は、歌の中でリアルに泣き、笑い、心をときめかせ、恋をしている。このPVは見る価値がある。
スポンサーサイト


詳しくはコチラ

Appendix

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。