Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詳しくはコチラ

第57回NHK紅白歌合戦…大物続々辞退。

「第57回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が11月29日、発表された。今年は昨年から紅白各3組ずつ減って各27組。今年デビュー20周年を迎えた徳永英明と今井美樹ら12組が初出場する。一方、吉田拓郎は異例の辞退コメントを発表。松任谷由実、矢沢永吉、宇多田ヒカルら大物の辞退も相次いだ。今年9月に31年ぶり「つま恋コンサート」を行い、“目玉”の最有力候補に挙がっていた拓郎の出演は結局、幻に終わった。NHKでは同コンサートを中継したほか、通常のニュースでも大きく報道。紅白に向けて、コンサート直後から熱心に出演交渉をしてきたが、拓郎側は10月下旬に出演辞退を申し出た。拓郎はこの日、文書で辞退の理由を発表。「つま恋は、NHKさんの協力もあり大成功に終わり、みなさんに感謝しております。ただ自分の中では、ひとつの通過点であり、振り返ることはせず、また前に進んで行くことに集中したいという気持ちが強く、今回は辞退させて頂きます」。辞退の理由を発表するのは異例のこと。それだけNHKを落胆させたことへの気遣いといえる。昨年出場したユーミンのほか、矢沢、宇多田、サザンオールスターズ、井上陽水への出演交渉はことごとく失敗に終わった。全54組の人選を見渡して「今井さんや徳永さんなら全く遜色はない。満足な選考が出来た」としたが、目玉不足は否めないラインアップ。昨年から各3組減らし、歌をじっくり聴かせることに重点を置くという。
スポンサーサイト


詳しくはコチラ

Appendix

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。