Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詳しくはコチラ

一青窈 意外!?な交友関係。

一青窈が11月29日に初のベストアルバム「BESTYO」をリリースする。これまで出したシングル8枚、アルバム3枚から自選した15曲に、この夏旅行したカンボジアでの思いをつづった新曲「てんとう虫」を加え、合計16曲が収録されている。12月3日にはよみうりランドで初のフリーライブが行われる。来月12日には新宿で武部聡志プロデュースによるライブ「スペシャルアコースティックセッション」に出演する。共演はLENA PARK、川江美奈子。一青の新しい魅力が全開のライブになりそうだ。76年9月生まれ。父親は台湾人、母親が日本人のハーフ。父親・顔恵民氏は台湾の金鉱のオーナーで、一青が小2の時にがんで他界し、高2で母親も亡くなった。英語、台湾語、北京語が堪能だ。一青は台北の幼稚園を卒園後に、母娘だけで帰国。森村学園小・中・高等部から慶応大環境情報学部に進学。アカペラサークル「K.O.E.」に所属し、ストリートライブで歌っているところをスカウトされた。02年10月の「もらい泣き」でデビュー。オリコンチャートで最高4位になった。03年の音楽賞新人賞を総なめにして紅白歌合戦に初出場。04年2月「ハナミズキ」がヒットして同年9月には初主演映画「珈琲時光」が公開された。寂しがり屋でホームパーティーを開き、友人を招いて鍋を囲むことが多い。友人は大橋マキ、篠原ともえ、安倍なつみらで、清水ミチコは酒飲み仲間とか。森山直太朗には悩みごとを何でも相談している。森山は一青が失恋した時、卓球をやって付き合ってくれたそうだ。ちなみに6歳上の姉・一青妙は歯科医が本業だが、女優として舞台やドラマでも活躍中。25日から初主演映画「恋するイノセントマン」が公開されている。来年2月には姉がナレーション、一青が音楽を担当するドキュメンタリー映画の「風を聴く」が完成予定だ。
スポンサーサイト


詳しくはコチラ

Appendix

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。