Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詳しくはコチラ

カンニング中島を巡るテレビ局の争奪戦。

テレビ・ラジオなど計9本のレギュラー番組を持ち、売れっ子芸人の仲間入りをしたカンニングの竹山隆範に、もうひとつの朗報だ。急性リンパ球性白血病を発症し長期療養中だった相方の中島忠幸が来年5月にも復帰するというのだ。およそ2年半ぶりに再結成されるカンニングを巡りテレ朝、フジ、TBS、日テレの4局が熾烈な争奪戦を繰り広げているというから興味深い。中島の復活はテレビ的には最高の素材だ。笑いと涙、感動の三拍子が揃っている。高視聴率が取れないわけがない。笑いは竹山の芸。涙は白血病に倒れた中島の不運。感動は中島を支えた家族愛と数千万円といわれる高額な治療費を払いつづけた竹山の友情。“キレキャラ”芸人というイメージを守るためこの事実を隠してきた。さらにこんな話も――。竹山は中島が復活するまで結婚しないと関係者に宣言した。気になる各局の番組企画だが「ドキュ・バラ形式が圧倒的に多い」という。テレ朝は「笑いの金メダル」、フジは「金曜プレステージ」、日テレは「エンタの神様」、TBSは「リンカーン」の番組スタッフが中心となって企画提案を行っているという。
スポンサーサイト


詳しくはコチラ

Appendix

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。