Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詳しくはコチラ

ドラマ「東京タワー」 絶賛。

主演の大泉洋はガッカリか?先週末に放送されたスペシャルドラマ「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン」。話題性が高く、視聴率20%超えは確実と思われたが、フタを開けてみれば15.4%と伸び悩んだ。もっとも、評価は高い。「まれに見るA級ドラマ。感動しました」と言うのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。「特に“おかん”役の田中裕子の演技は素晴らしかった。主演の大泉が全国区ではまだ知名度が低いので、視聴率15%台は仕方ないでしょう」。「東京タワー」の原作は、累計200万部を売り上げたリリー・フランキーのベストセラー。当初は、原作にほれ込んだ久世光彦氏が演出を手がける予定だった。が、久世氏は急逝。彼の遺志をついで制作が続けられたが、今年7月、放映を目前にして出演者の山本圭一の“不祥事”が発覚し、放送は延期になった。その後、山本の出演シーンはドランクドラゴンの塚地武雅を代役に撮り直し、ようやく放送にこぎつけた。今回のスペシャルドラマがよくできていたので、1月に予定されている連ドラも楽しみだ。
スポンサーサイト


詳しくはコチラ

Appendix

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。