Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詳しくはコチラ

中居正広を紅白の司会者に選んだ理由。

今年の「NHK紅白歌合戦」の司会者に、SMAPの中居正広と仲間由紀恵が決定した。中居が紅白の司会を務めるのは8年ぶり3回目。バラエティー番組や歌番組の司会を器用にこなしている中居が選ばれたのは妥当に見える。だが、別の理由もあるようだ。実は昨年も下馬評では紅白司会者は中居で確定といわれていた。ところが、フタを開けてみるとみのもんたに決定。あれはNHKのチョンボだった。紅白の視聴率低下に頭を抱えていたNHKは昨年、手当たり次第に大物にオファーを出した。その結果、みのと中居の双方からOKが来てしまい慌てたNHKは、紅組司会・白組司会・総合司会という枠を取っ払い、中居のために“司会グループ”なるポストを用意した。でも、中居は過去に白組の正司会者を経験している。ジャニーズは彼をサブ扱いしようとしたNHKに不快感を示し、司会を辞退したといわれている。NHKとしては苦肉の策でポストを用意し、逆に中居サイドを怒らせてしまったということだろう。今年、NHKが中居を司会者に起用したのは昨年のお詫びの意味もある。そもそも、NHKは04年にも出場歌手の世論調査を実施し、SMAPを“氷川きよしよりも格下”としてジャニーズを怒らせた過去がある。NHKはキムタクに大河ドラマで主演してもらいたいという念願もあるから、ジャニーズには強く出ることができないのだ。もっと“皆さま”の立場で人選して欲しいが……。 
スポンサーサイト


詳しくはコチラ

Appendix

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。