Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


詳しくはコチラ

嵐 ジャニーズ初韓国単独ライブ!

嵐がアジアツアーを締めくくる韓国公演「ARASHI FIRST CONCERT2006 in ソウル」を行った。ジャニーズのアイドル勢が同地で単独公演を行うのは初めてで、客席に限りなく近づく演出や2日間で4ステージのハード日程で1人でも多くのファンと接する「ジャニーズ流」を貫き、ファンや関係者を驚かせた。日本から持ち込んだ可動式ステージで現地のファンを熱狂させた。「チョヌン アラシ イムニダ!(ぼくらが嵐です)」とステージに飛び出した5人。会場のボルテージをはね上げたのは、日本のジャニーズ公演ではおなじみの可動式ステージ。客席後方に2階席の高さまでせり出す大がかりな舞台装置は、関係者が公演前に「前例がないので設営に苦労した。できるかどうか、やってみるまで分からない」というほど韓国では異例の演出だ。2日間4公演、1万6000人のチケットが即日完売したほど韓国での嵐人気は高い。人気ソング「感謝カンゲキ雨嵐」の前半を韓国語で歌い上げ、会場は5人の一挙手一投足に悲鳴に近い声援、日本語での大合唱もわき起こった。25曲を熱唱し、「チグンブト トマニ マンナルッス イットロ ヨシミ ハゴ スムニダ(もっと会えるように頑張る)」「アラシ ヌン ヨロブン サランヘヨ(嵐はみんなを愛してます)」と韓国語でファンに思いを伝えたメンバー。「韓国のファンの熱でやけどしそうでした」(櫻井翔)、「嵐コールがいっぱい。新鮮。声援はハンパじゃなかった」(大野智)、「楽しかった。言葉が見つからない」(相葉雅紀)「求められてる感じがした」(二宮和也)と感無量で、松本が「今後も台湾や韓国公演を続けていきたい」と語ると二宮も「自分たちらしさを早くこの地に植えつけたい」とアジアツアーの継続を宣言。年明け1月3日からは横浜&大阪で13万5千人を動員する「海外ツアー凱旋記念公演」も予定されている。
スポンサーサイト


詳しくはコチラ

Appendix

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。